マッサージで脳を守る頭蓋骨の歪みを整える

それが頭蓋骨です

人間にとって重要な役割を担う脳を保護する部分、それが頭蓋骨です。この骨は一枚の大きな丸い骨ではなく実は23個もの骨が放蕩によってつながっており、体の歪みによって頭蓋骨を支える様々な筋肉がバランスを崩すと歪みを生じます。こうして生じた歪みによってさまざまな種類の歪みや痛みなどの症状が現れます。マッサージでは頭蓋骨をゆがめている筋肉の緊張を取り除きながら歪みを調整してゆきます。頭蓋骨の歪みによって縫合で力を受けるために頭痛を感じたりめまいや息苦しさ、さらには気持ちの不安定さなどを引き起こすこともあります。眼下に負担がかかって目の奥が眼圧によって痛みを感じたり、ドライアイや視力低下を招くケースもあります。

その結果顔の歪み

その他にも耳鳴りや三半規管が刺激されてめまいを感じたり顎関節の動きにも影響を与えます。その結果顔の歪みをおこし、顔が大きくなったり目と目の間が広がったり、鼻筋が広がるなど、顔の見た目の形にも大きな影響を与えます。さらに頭蓋に付着している表情菌の緊張によって顔の表情が無くなったり顔が引きつるなどの症状が現れることもあります。そんな時は二子玉川のマッサージで治療を受けるのがお勧めです。頭蓋骨というのはとても固い構造でできていますが、脳を保護する大変にデリケートな部分のため、強い力を無理に掛けるのではなく、その部分にかかった力をうまく分散させるようなやり方で歪みを整えていくようにします。そして頭蓋骨だけでなく、全身の骨格の歪みとの関連を確認しながら少しずつバランスを整えていくという方法で治療を行います。

ページのトップへ戻る